FC2ブログ
  • プロフィール

    ペンタフ株式会社

    ペンタフ株式会社

    過酷な下水道からの現場発
    総合劣化診断調査、不明水対策調査、開水路流量計開発・販売へ、展開しています。

  • 検索フォーム

  • リンク

    ホームページ

    youtube


2017/10/19(Thu)

水位計測から見えてくるもの






こんにちは(*^^*)


大阪本社業務部、データ処理班のKです。




今日のブログは画像から始まりました。




とあるマンホールでの水位計測結果なのですが、皆さんはこのグラフから何が判ると思いますか?


ちなみに、縦軸は水位を、横軸は時間を表しています。




……………




例えば、水位がほとんどない9月30日や10月1日は土曜日と日曜日なので、水の使用は平日に集中していることが判ります。




一方で、三連休の初日だった10月7日では通常の平日よりも多くの水が使用されています。


その代わり、連休直後の平日である10月10日には水の使用がほとんど見られません。




以上のことから、一つの回答として、このマンホールは学校などの施設排水を請け負っているのではないかと推察されます。




通常の平日では多くの児童らが水を使用しています。


休日にはほとんど水が使われることはありませんが、10月7日は運動会などのイベントがあったのかもしれません。


そうだとすると、10月10日はその代休だったのでしょうか。




……このように、水位を計測するだけで本当に色々なことが見えてきます。




私たちが行うデータ処理では、さらに降雨状況や浸入水の定量などを施して管路の健全度を診断するわけですが、タイトルにも書いたように、水位計測から見えてくるものという本質はほぼ同じと言えます。




建設の時代から維持管理の時代へとシフトしていく流れの中で、私たちの業務が不明水対策や管路の長寿命化に繋がれば、それに従事する者としては嬉しい限りです。




…………




以上、水位の推移でした。
Home | Category : 不明水対策 |  Comment  |  Trackback
Home Home | Top Top